G910 RGB Mechanical Gaming Keyboardレビュー

FPSやMMOなどPCではゲームの操作を左右すると言われているゲーミングキーボードの質。高品質であればあるほど、機能性に優れてよりゲームを快適にプレイできるようになると言われています。色々なメーカーから発売されていますが、愛用者が多いのはLogicool(ロジクール)のゲーミングキーボードではないでしょうか。

ロジクールのキーボードはゲーマーだけではなく、ハードウェア好きにも注目されています。中でも「G910 RGB Mechanical Gaming Keyboard」は、キーがLEDライトでレインボーのように何色にもカラフルに光るというゲーマーが好きそうなデザインになっています。LEDライトで光ると、見た目で楽しめるだけではなく、暗い場所でのプレイやチャットなどの操作もしやすくなるという機能性も備えています。

G910は550(W)×210(D)×35.5(H)mmと、一般的な日本のキーボードと比べると大きめサイズになっています。左は端列には[G1]~[G5]キー、上部列には[G6]~[G9]キーの追加キーが並んでいます。これらの追加キーはカスタマイズ可能になっています。専用のLogicooolゲームソフトウェアを使用すれば、それぞれのキーに好きな機能を割り当てることが出来ます。

ゲームをスムーズに進めるためにはマクロ機能などのショートカットキーがかなり使えます。最初は覚えるのに慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、慣れると余計な手間が省けてゲームが効率よく進められるようになるのでおすすめです。

各Gキーに割り当てたパターンは、[M1]~[M3]キーで簡単に切り替える事が可能になっています。最大で9キー×3パターン=27種類の割り当てが可能になっています。ゲーミングキーボードならではの特化された機能ですね。

キーは、主に左手で操作することが多い事を想定して、左側のキーだけエッジが立っているデザインになっています。また、左端列にあるGキーを誤爆しないために、ほどよい距離が作られています。ゲームに集中していると、いちいちキーボードを見ていられないので、こういった配慮は凄く嬉しいですね。私の場合、一度誤爆してしまうとパニックになってしまうので・・・。

ゲームでの使用感

検証ではLoLをプレイしています。LogitechはLoLの北米プロリーグチームのスポンサーであり、G910の開発にもチームが携わっています。

基本操作は「Q/W/E/R」の上やその付近に左指を配置している人が多いと思います。左指で操作しやすいように、左側のキーが変形しているFacet Keycapのおかげで、指がキーボードのどこにいるかを把握しやすくなっています。ホームポジションから元の位置に戻す時の移動もわかりやすい設計になっています。

考えられたキー配置も、左手では届かないキーを左側に設置してくれているので、ほとんどの操作を左側にあるキーのみでできるようになっています。左側のGキーにPキーを振り当ててしまえば、買い物も即座にすることができます。こういった
ショートカット操作はLoLには利便性が高いと言えますね。

キーボードの需要性の高いFPSではCS:GOをテストに使用しています。FPSでもFacet Keycapの優秀性は高く、指を適正な位置にスムーズに導いてくれます。FPSは、売れ筋のゲームパソコンを使う以外にも、チャットやボイスチャットでのコミュニケーションが大事だと言われていますが、文字タイピングもストレスなく打つことができるようになっています。

また、キーボードにあるホイールで音量調整をすることができるので、場所によって簡単に操作できる機能はかなり使えます。敵の足音なども瞬時に聞こえやすくしてくれます。多機能で操作性に優れたゲーミングキーボードを探している人は検討してみる価値ありです。